私事と、農業の課題について。

こんにちは!進撃の農家☆トシです。

農作業で忙しい日々が続いております…。

リアルタイムで記事を投稿していく旨で立ち上げましたが

なかなか更新できずにすみません…泣

私事ではありますが、この場をお借りして報告させて頂きます。

今朝、明朝にて、大好きなおばあちゃんが天国に旅立ちました。

大好きなおじいちゃんが天国に旅立ってから、約10年。

とうとう、大好きなおばあちゃんも天国へ旅立ちました。

僕の農業道を築いてくれていた大好きなおじいちゃん、おばあちゃん。

『ありがとう。ゆっくり休んでね。』と心から伝えたい。

おじいちゃん 享年82歳。 おばあちゃん 享年 89歳。

これからおじいちゃん、おばあちゃんから教えてもらった事を大切にして

これからの歩むべき道へ、仲間と共に築いて行きます。ありがとう。

農業は、現在深刻な問題点を抱えています。

農業従事者の高齢化に伴う若手農家の減少、農業をビジネスだけで考えている場合崩壊します。
農業はビジネスにもなりますが、一般的なビジネス目線では理解することのできない、一味もふた味も違ったものです。農家が農家らしい姿を織りなす為には購読してくださっている皆様のお力も必要不可欠なのです。

農家の知識は、努力の礎です。先代から築きあげてきた土台にプラスしていく。

この形は、企業でも同じで長い年数をかけて一流企業へ築きあげていく。

農家も企業と何一つ変わらないんです。

今後、農業担い手不足は深刻な問題です。従事者は高齢化による作業負担が大きく若手農家は知識不足、経験不足による栽培慣行弱体化が進みます。今あるお米、野菜、果物が食べられなくなったり、値段が異常に高騰したり、需要に対して供給のバランスが崩れ、「生活そのものが食に振り回されてしまう。」と僕は思ってます。

農家は、農家だけにこだわって仕事をしないといけない訳ではありません。

仕事として、自分らしい未来の築き上げに活用してはいかがでしょうか??

笑顔溢れる楽しい未来がきっと見えると私は考えます。。。