2018年幕開け、怒涛!1日が終わるのが早過ぎて困る。


久しぶりです!進撃の農家☆トシ改め、衝撃的な農家☆トシに変えても良いのかな?と思っているトシです!!
すみません。1日1記事の作成を行うはずが、まったくと言って良いほど更新出来ませんでした。

2018年幕開けより、ちぢみほうれん草の怒涛の収穫・調整・出荷が待っていましたが本年における露地栽培において奇跡的に生き残るほうれん草が多くほっと一息しました。

2017年8月末より9月中旬における長雨・曇天の影響により地元のベテラン農家さんのほうれん草も多くは水の中にくぐってしまい、排水処理における課題点や栽培スキーム(作物栽培技術習得)が必須となる事が明確となりました!

私たちの農園でも、大雨にて種の上に15cm程水が溜まってしまいました。この状況は、一言で表すと『最悪』です。播種(種まき)後24H以上の浸水をしてしまう場合、種事態が腐ってしまい無くなるか発芽後において生育障害の発生が
起こってしまうからです。

この状況を前もってしっていた私たちは、台風・大雨直後の畑にかっぱを着て長くつに水が入ってくるまでの畑の水を落差が
まだ残っていた堀に落とす作業を明朝より行いました。
結果、奇跡的に作物は本来の栄養素をしっかりを吸い上げ最高の出来栄えとなりました。

先日の大雪の中においては、ベテラン農家さんは悪天候と年齢により収穫を断念する事となっているさなか私たちは、収穫を続行!!若くても、出来るんだ!いや、私たちは若いだけ、勢いがあるだけの小僧では無い!!と言わんばかりに1人心の奥底のプライドと根性で最高に美味しいほうれん草を早くお客様に食べていただきたい一心で収穫を行いました!!!

残す事、ちぢみほうれん草の収穫最盛期は2月末まで!
お近くのスーパーに販売されていましたら是非食べてみてください?
甘くて葉もしっかりしているので、炒めもの、茹でてあえ物等ちぢみほうれん草は煮崩れしにくいので是非お試しください?

NFerme(エヌフェルム)代表 進撃の農家☆トシ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です