「有機JAS」カテゴリーアーカイブ

有機JASと無農薬、減農薬との違い。

こんにちは!

野菜についている「有機JAS」マークって何?体に良いものなんでしょ?って声を度々聞きます。

どれも間違っていないのですが、農家目線で見るといくつか突っ込みたくなる声も耳にします。

そこで、今回は有機JASについて自称ではありますが日本で最もわかりやすく(笑)解説していこうと思います。

有機JASとは

有機JASの前に、まずはJASについて説明します。

JASとは…
「品位、成分、性能等の品質についてのJAS規格(一般JAS規格)を満たす食品や林産物などに付されます。」(農林水産省HPより引用)とあります。これは比較的誰にでも理解できると思います。
また、日本農林規格とも呼ばれ、JAS=Japanese Agricultural standard の略になります。

根拠法として、農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律(通称JAS法)があります。

JAS規格の意味

それでは、JASにはどのような意味があるの?ということですが…

農林水産省では「JASマークが付けられている製品は、一定の品質や特色をもっていますので、消費者が買い物で商品を選んだり、事業者間で取引する際に、JASマークが付いていることを目印にすれば便利です。」(農林水産省HPより引用)とあります。

簡単に言えば、2つの視点からのJAS規格の意味に分けることができます。生産者(事業者)と消費者からの視点になります。

生産者(事業者)

日本内の企業間取引の際に、JAS規格の製品であれば必要最低限の品質保証を国にされているということが一目でわかり、信用になる。

→販売先と取引しやすくなる。

→生産者(事業者)製品の国内統一基準による取引の効率化

になります。

消費者

安全、品質において、国に一定以上の水準であると保証されている。

→購入の際の安心・安全、品質の指標にすることができる。

JAS規格の中の有機JAS

JAS規格はいくつかの種類があります。有機JASはその中の一つに分類されます。

・JASマーク(品質の規格)

JASマーク

・特定JASマーク(同種の標準的な製品に比べ品質等に特色があることを内容としたJAS規格)

特定JASマーク

有機JASマーク(有機JAS規格を満たす農産物などに付されます。)

有機JASマーク

生産情報公表JASマーク(給餌や動物用医薬品の投与などの情報が公表されている牛肉や豚肉、生産者が使用した農薬や肥料などの情報が公表されている農産物などに付けられる規格)

生産情報公表JAS規格マーク

・定温管理流通JASマーク(製造から販売までの流通行程を一貫して一定の温度を保って流通させるという、流通の方法に特色がある加工食品に付されるマーク) (農林水産省HPより引用、一部編集)

があります。

有機JASとは

ここまで前置きが長くなりましたが、有機JASって何?という本題に入ります。

有機JASの規格内容とは

規格内容は農林水産省のHPに詳細が載っていますので、専門の方はそちらを読んで貰えれば良いのですが、有機JASについて簡単な詳細が知りたい方向けにかいつまんで要約すると…

・多年生植物(複数年に渡って生存する作物)は収穫前3年以上、それ以外の植物は種まきまたは植えつけ前2年間以上、使用禁止資材を全く使っていない農地での栽培を行うこと

・種と苗は、使用禁止資材を全ての工程において使用せずに管理され、その種と苗を使うこと。

になります。つまりは使用禁止資材を、「種と苗の選定、栽培、使用〜土壌選び、土作り〜収穫〜収穫後の管理」まで使用していない製品のことです。

規格内容(農林水産省HPより引用、一部編集)

使用禁止資材について

使用禁止資材とは何?ってことになるので、こちらもかいつまんで各項目ごとに分けて説明したいと思います。

・肥料

・農薬

・遺伝子組み換えの種と苗

・農業資材

肥料

有機JASの禁止している内容

1.化学的に合成された物質が添加されていること

2.遺伝子組み換えDNAを用いた原材料を用いていること

農薬

有機JASの禁止している内容

1.化学的手段(燃焼、焼成、溶融、乾留及びけん化を除く。以下同じ。) によって、化合物を構造の異なる物質に変化させること。

2.化学的手段により得られた物質を添加すること(最終的な製品に当該 物質を含有しない場合を含む。)

遺伝子組み換えの種と苗

こちらは言葉通りなので内容は割愛します。

農業資材

製品を病害虫から守る際の農業資材(例、マルチ 下記画像参照。)ナスの下にある黒いラップのことです。

有機JASの禁止している内容

製造工程において化学的に合成された物質が添加されていること。例えばポリエステル系のマルチなどがこれにあたります。

以上使用禁止資材(農林水産省HPより引用、一部編集)

有機JASの無農薬、減農薬との違い

上の農薬のらんと、農林水産省のHPを見ればわかるのですが、有機JASとは農薬を使用していない製品のことではありません。

使用禁止資材に該当しない農薬であれば使用可能になります。もちろん有機JAS認定は安全の高水準な指標ではありますが、もしも農薬を使用していない製品を購入したいのであれば、有機JASではなく、はっきりと「無農薬」と表記してあるものを探して購入することをオススメします。また、有機JASの製品にも無農薬のものもあると思いますので、そちらはご了承ください。

また、「オーガニック」と言う表記は「有機」と意味は同じで、農薬を使用していないことを表しているのではなく、日本農林規格(JAS規格)に合格している製品につけることのできる表記であり、農薬を使用している場合もあると言うことを表しています。

 

まとめ

・有機JASはJAS規格のうちの一つに分類される

・有機JASは規格化、品質表示の適正化の手段としてできたものである

・有機=オーガニックであるが、有機=無農薬は間違いである

結びに

書いていて、全然わかりやすく説明できていないことに気がつきましたが、農林水産省のHPと個人の解釈を組み合わせて執筆しましたのでその点はご容赦ください。一部の団体や個人を誹謗中傷する目的の記事ではありませんのでそちらもご了承下さい。

また、この記事は有機JASについて知りたいと言う方の入門として、筆者が公の資料をもとに自己解釈を織り交ぜて執筆したものです。専門家の方に突っ込まれると、賛否両論あると思いますので、あくまで一個人の意見としてご理解くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。