「日記」カテゴリーアーカイブ

有機JASと無農薬、減農薬との違い。

こんにちは!

野菜についている「有機JAS」マークって何?体に良いものなんでしょ?って声を度々聞きます。

どれも間違っていないのですが、農家目線で見るといくつか突っ込みたくなる声も耳にします。

そこで、今回は有機JASについて自称ではありますが日本で最もわかりやすく(笑)解説していこうと思います。

有機JASとは

有機JASの前に、まずはJASについて説明します。

JASとは…
「品位、成分、性能等の品質についてのJAS規格(一般JAS規格)を満たす食品や林産物などに付されます。」(農林水産省HPより引用)とあります。これは比較的誰にでも理解できると思います。
また、日本農林規格とも呼ばれ、JAS=Japanese Agricultural standard の略になります。

根拠法として、農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律(通称JAS法)があります。

JAS規格の意味

それでは、JASにはどのような意味があるの?ということですが…

農林水産省では「JASマークが付けられている製品は、一定の品質や特色をもっていますので、消費者が買い物で商品を選んだり、事業者間で取引する際に、JASマークが付いていることを目印にすれば便利です。」(農林水産省HPより引用)とあります。

簡単に言えば、2つの視点からのJAS規格の意味に分けることができます。生産者(事業者)と消費者からの視点になります。

生産者(事業者)

日本内の企業間取引の際に、JAS規格の製品であれば必要最低限の品質保証を国にされているということが一目でわかり、信用になる。

→販売先と取引しやすくなる。

→生産者(事業者)製品の国内統一基準による取引の効率化

になります。

消費者

安全、品質において、国に一定以上の水準であると保証されている。

→購入の際の安心・安全、品質の指標にすることができる。

JAS規格の中の有機JAS

JAS規格はいくつかの種類があります。有機JASはその中の一つに分類されます。

・JASマーク(品質の規格)

JASマーク

・特定JASマーク(同種の標準的な製品に比べ品質等に特色があることを内容としたJAS規格)

特定JASマーク

有機JASマーク(有機JAS規格を満たす農産物などに付されます。)

有機JASマーク

生産情報公表JASマーク(給餌や動物用医薬品の投与などの情報が公表されている牛肉や豚肉、生産者が使用した農薬や肥料などの情報が公表されている農産物などに付けられる規格)

生産情報公表JAS規格マーク

・定温管理流通JASマーク(製造から販売までの流通行程を一貫して一定の温度を保って流通させるという、流通の方法に特色がある加工食品に付されるマーク) (農林水産省HPより引用、一部編集)

があります。

有機JASとは

ここまで前置きが長くなりましたが、有機JASって何?という本題に入ります。

有機JASの規格内容とは

規格内容は農林水産省のHPに詳細が載っていますので、専門の方はそちらを読んで貰えれば良いのですが、有機JASについて簡単な詳細が知りたい方向けにかいつまんで要約すると…

・多年生植物(複数年に渡って生存する作物)は収穫前3年以上、それ以外の植物は種まきまたは植えつけ前2年間以上、使用禁止資材を全く使っていない農地での栽培を行うこと

・種と苗は、使用禁止資材を全ての工程において使用せずに管理され、その種と苗を使うこと。

になります。つまりは使用禁止資材を、「種と苗の選定、栽培、使用〜土壌選び、土作り〜収穫〜収穫後の管理」まで使用していない製品のことです。

規格内容(農林水産省HPより引用、一部編集)

使用禁止資材について

使用禁止資材とは何?ってことになるので、こちらもかいつまんで各項目ごとに分けて説明したいと思います。

・肥料

・農薬

・遺伝子組み換えの種と苗

・農業資材

肥料

有機JASの禁止している内容

1.化学的に合成された物質が添加されていること

2.遺伝子組み換えDNAを用いた原材料を用いていること

農薬

有機JASの禁止している内容

1.化学的手段(燃焼、焼成、溶融、乾留及びけん化を除く。以下同じ。) によって、化合物を構造の異なる物質に変化させること。

2.化学的手段により得られた物質を添加すること(最終的な製品に当該 物質を含有しない場合を含む。)

遺伝子組み換えの種と苗

こちらは言葉通りなので内容は割愛します。

農業資材

製品を病害虫から守る際の農業資材(例、マルチ 下記画像参照。)ナスの下にある黒いラップのことです。

有機JASの禁止している内容

製造工程において化学的に合成された物質が添加されていること。例えばポリエステル系のマルチなどがこれにあたります。

以上使用禁止資材(農林水産省HPより引用、一部編集)

有機JASの無農薬、減農薬との違い

上の農薬のらんと、農林水産省のHPを見ればわかるのですが、有機JASとは農薬を使用していない製品のことではありません。

使用禁止資材に該当しない農薬であれば使用可能になります。もちろん有機JAS認定は安全の高水準な指標ではありますが、もしも農薬を使用していない製品を購入したいのであれば、有機JASではなく、はっきりと「無農薬」と表記してあるものを探して購入することをオススメします。また、有機JASの製品にも無農薬のものもあると思いますので、そちらはご了承ください。

また、「オーガニック」と言う表記は「有機」と意味は同じで、農薬を使用していないことを表しているのではなく、日本農林規格(JAS規格)に合格している製品につけることのできる表記であり、農薬を使用している場合もあると言うことを表しています。

 

まとめ

・有機JASはJAS規格のうちの一つに分類される

・有機JASは規格化、品質表示の適正化の手段としてできたものである

・有機=オーガニックであるが、有機=無農薬は間違いである

結びに

書いていて、全然わかりやすく説明できていないことに気がつきましたが、農林水産省のHPと個人の解釈を組み合わせて執筆しましたのでその点はご容赦ください。一部の団体や個人を誹謗中傷する目的の記事ではありませんのでそちらもご了承下さい。

また、この記事は有機JASについて知りたいと言う方の入門として、筆者が公の資料をもとに自己解釈を織り交ぜて執筆したものです。専門家の方に突っ込まれると、賛否両論あると思いますので、あくまで一個人の意見としてご理解くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

私事と、農業の課題について。

こんにちは!進撃の農家☆トシです。

農作業で忙しい日々が続いております…。

リアルタイムで記事を投稿していく旨で立ち上げましたが

なかなか更新できずにすみません…泣

私事ではありますが、この場をお借りして報告させて頂きます。

今朝、明朝にて、大好きなおばあちゃんが天国に旅立ちました。

大好きなおじいちゃんが天国に旅立ってから、約10年。

とうとう、大好きなおばあちゃんも天国へ旅立ちました。

僕の農業道を築いてくれていた大好きなおじいちゃん、おばあちゃん。

『ありがとう。ゆっくり休んでね。』と心から伝えたい。

おじいちゃん 享年82歳。 おばあちゃん 享年 89歳。

これからおじいちゃん、おばあちゃんから教えてもらった事を大切にして

これからの歩むべき道へ、仲間と共に築いて行きます。ありがとう。

農業は、現在深刻な問題点を抱えています。

農業従事者の高齢化に伴う若手農家の減少、農業をビジネスだけで考えている場合崩壊します。
農業はビジネスにもなりますが、一般的なビジネス目線では理解することのできない、一味もふた味も違ったものです。農家が農家らしい姿を織りなす為には購読してくださっている皆様のお力も必要不可欠なのです。

農家の知識は、努力の礎です。先代から築きあげてきた土台にプラスしていく。

この形は、企業でも同じで長い年数をかけて一流企業へ築きあげていく。

農家も企業と何一つ変わらないんです。

今後、農業担い手不足は深刻な問題です。従事者は高齢化による作業負担が大きく若手農家は知識不足、経験不足による栽培慣行弱体化が進みます。今あるお米、野菜、果物が食べられなくなったり、値段が異常に高騰したり、需要に対して供給のバランスが崩れ、「生活そのものが食に振り回されてしまう。」と僕は思ってます。

農家は、農家だけにこだわって仕事をしないといけない訳ではありません。

仕事として、自分らしい未来の築き上げに活用してはいかがでしょうか??

笑顔溢れる楽しい未来がきっと見えると私は考えます。。。

藁運びIn板倉町 〜養豚農家さんのお手伝いに行って来ました!

 

こんにちは。新年明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願いします!

【養豚農家さんお手伝い編】

さてさて、地元に特化した農業展開をしている進撃の農家☆トシは本日、群馬の板倉地域で養豚業を営むT養豚農家さんのヘルパーとして現場に入りました!!

本日、ヘルパーとしてお手伝いさせていただいたのは養豚では重要な工程である藁集めです!

(↑T養豚農家さんの藁畑の画像)

藁は、トラクターに付けたロールベーラーと言う機械で稲刈り時に短く細断され、コンバインから排出された物を集めます。この地域の特性である群馬山麗(上毛三山)より吹き降ろす「空っ風」と言われる冷たく乾いた風により乾燥されますので、その状態での収穫がポイントだそうです!!

重たい物で約20kg以上あるという藁ですが、本日ヘルパーで入らせて頂いたT養豚農家さんの藁はなんと、一つが一般的なものの約半分程度の10kg弱と非常に運びやすかったです!2人ペアで行っていたのでめちゃくちゃはかどりました!

本日のT養豚農家さんでは約500個を年間で使用するとの事ですが、次回ヘルパーとして伺う予定であるS養豚農家さんはその倍の約1000個を運び入れるそうです。大変そうだあ(笑)

ですが!!!

その代わり、【完熟の豚さんうんち】をなんと「無償」で譲って頂けると言う事でとても助かってます!

無農薬、無化学肥料栽培慣行を僕の生涯で実行できる事を目標に、日々の努力は一切の妥協無しです!

お昼は、町の美味しい定食屋【福田屋】さんで「お店No,1」のから揚げ&そば定食を頂きました!めちゃくちゃ美味しかったですね(*’ω’*)寒い中で、仕事をした後のごはんは格別です!!!爽快感やごはんのありがたさも伝わってきます。

【お手伝い後の中田農園での作業編】

18時に解散してからは、自分たちのお仕事です!外は真っ暗!街頭も少ない田舎の精米所に立ち寄る僕と彼。僕たちの目的はただ一つ【皆様の残り物】を頂きに。

精米所で残り物?それって、何??と思う人は100人の方に質問したら半数の方が答えられると思います。しかし、なんで必要になるの?泥棒さんなの?と言う質問もあるかも知れませんね(笑)。

その、残り物とは【米糠】です!

(↑米糠の画像)

田舎ならではのもので、強いて言うならば【北関東有数のコメ産地】だからこその【珍品】です!!購入すると、非常に高付加価値が付いており、まだまだ資金面で苦しい僕たちの小さな農園は見えないところで皆様のお力を貸りさせて頂いております。

だからこそ、地元密着型農業の展開、地域で農家(米農家、野菜農家、果実農家、畜産農家さん)と共存して行くことが地方再生プロジェクトとしても活性化していくんですよね。

【米糠】が持つ、ポテンシャルの高さは【乳酸菌】を扱っていた僕から見てもぴかいち!

これ以上の、ポテンシャルを持つ有機資材は日本、世界を探せばいくらでもありますが、身近なものでの最も効果的な有機資材は【米糠】様ですね!!

何故、すごいのか!?と言う事は、今回は秘密ですね(*´ω`)

時期が来る前には、もちろん公表する予定ですが今は秘密です。

ご了承ください。年末から年始にかけて本日2回目の採取で集まった米糠は約100kgです!目標は1000kg!!3月下旬までに達成できるように頑張ります!

明日も一日頑張りましょう!!